生活(くらし)の歳時記365

ニート、引きこもりについて

社会問題化している「引きこもり」や「ニート」ですが、これは若い人だ
けの話ではありません。
最近では中高年の引きこもり者もかなりの数に上っていると考えられてます。
一説では160万を超えるニート、引きこもり者がいるとか。
これだけの数になれば深刻な問題です。
ただ、その実態は多様なので、ひとくくりには出来ません。
本当に自分の家に閉じこもって出ない人から、近所のコンビニなど、買い物程度なら大丈夫な人、さらには友達と遊びに行く人まで、様々です。
対策を考える場合、こうした実態に即して、レベル分けをして対応するのが良いのではないかと考えます。
軽い人で引きこもり歴の短い人なら、早急な対応で、社会復帰させることもできるでしょう。
メリハリのきいた対策が求められます。